約束の海

Room 1702|アクリル画 33x33cm 2016


視覚的主観とは、一つの独立した抽象的な空間のようなものです。私は創作時には、自動的な技法と顔料が流れる方法を使用します。一時間後、再び絵を描くと、時間差によって画面に宇宙や海のようなイメージが現れます。これらの描画の工程は、私が日常、遠くの方を凝視することと似ています。私はこのシリーズ作品を私の遠望の解読として創作しました。それは永遠に追いつかない心情の果てであり、俯瞰であるか仰望であるかを問わず、夢中になって座標を遥か遠くに眺めます。私は個人的な観察方法によって、画面を整理し描画を実践します。これらは全て生命における特別かつ斬新な過程です。

林建忠

2010アメリカメリーランド芸術大学芸術創作修士(MFA)
国立台南大学(芸術教育と絵画)
1982 台湾高雄に生まれる

個展
2016「質地」、102アートスペース日光緩緩展場、台南、台湾
2015「静謐時光」、新濱碼頭アートスペース、高雄、台湾
2014「記憶中的回声」、102アートスペース日光緩緩展場、台南、台湾
2013「巴爾的摩之後」、八楼当代アートスペース、台北、台湾
2009「寧静与紛乱之間」、456芸術家工作室、ボルチモア、アメリカ

連展
2016「類似過於喧囂的孤独—新楽園20年紀念展」、北師美術館、台北、台湾
2015「超新星-国際新秀交流展ll」、富葰芸術、澳門
2015 “Art Olympia 2015”第一回国際芸術コンテスト、豊島区新廳舎、東京、日本
2014「Art Taichung台中芸術博覧会」、日月千禧酒店、台中、台湾
2014「3th当代特展」馮君藍、李立中、呉毅平、陳怡君、林建忠連展、8階当代アートスペース、台北、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter