お・ろ・す

Room 1003|油画 24x33cm 2016



作者自ら基隆の八斗子漁港へ行き撮影しました。漁港は朝から夕方、また夜の画面へと様々に変化しているようです。漁民の生活は天気に左右されるという無常さを理解していますが、冬至が過ぎると、ボラの旬が近づき、今日は早朝から漁へ行き帰ってきた漁船をちょうど見かけました。船いっぱいのボラを捕まえ、夜にも関わらず、捕まえた魚を新鮮なうちに船から卸しています。船長と船員からは疲れの色が見えるものの、今日の苦労が報われたために、皆、満面の笑みをたたえています。そこで、魚を船からおろすシーンを作者から皆さんにお見せしたいと思います。

吳中濬

受賞
2016 優秀賞、第二回台灣水彩画創作賞、台湾
2016 第三位、台湾師範大学美術学科第66回科展「是不是」、台湾
2015 佳作 (高雄市予選一位)、全国学生美術コンテスト書道部門、台湾
2014 第二位、第十三回「行天宮人文賞」書道創作伝統部門青年部、台湾
2014 第三位、第七回台湾積体電路製造 青年書法篆刻大賞 草書部門、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter