孤城

Room 508|複合媒材 30x30cm 2016

私たちは、皆自分が大きいと思っている
私たちは、孤独をある種の気骨だとみなしている
この世界を愛し君を愛している
しかし、世界の前では
私は何でもない
だから私たちは自分で上着を羽織る
光線のために解読する
風と雨のために詩を書き、絵を描く
私はこの世界を愛している
君はこの世界を愛している
しかし
世界は君を愛しているのだろうか?

陳楷中

東海大学美術学科 入学
1995 台湾台北に生まれる

展覧会
「串門子」三人展、台湾
「皮相の下UNDERSKIN」二人展、台湾
「アジアイラストフェア」、台湾
「擎画芸術人生」、台湾

受賞
第21回タイムズ広告青年創作賞、台湾
ヤフー4A広告賞、台湾
首獎、第9 回エイサーデジタル創作賞 動画部門、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter