虚構の遺物03

17F ギャラリー|総合的な媒材 25x18x18cm 2017

日本の古典的技術である蒔絵・螺鈿を扱い、時代錯誤遺物(オーパーツ)のような既存の概念を覆す物体を制作している。

池田晃将

現在 金沢卯辰山工芸工房 研修者
2016 金沢美術工芸大学大学院 修士課程 修了
2014 金沢美術工芸大学 工芸科 漆・木工コース卒業
1987 千葉県出身


個展
2016「螺鈿の細密装飾」,伊勢丹新宿店West Park、東京、日本
2015 「漆加飾の小細工展」,伊勢丹新宿店West Park、東京、日本
2014「池田晃將漆美術展—最小限の装飾」,cafe&gallery Musee、金沢、日本

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter