Motionless

22F ギャラリー|玻璃 22x22x15cm 2017


記憶は一番燦々たる瞬間で静止し、美を永久に留める、氷はその瞬間に存在しています。もし、喧騒の中の生活の一切を最も美しい状態で静止させることが出来るなら、悲しみ・プレッシャー・煩わしい全てを忘れ、もっと美しいものとなることでしょう。

私は鑑賞者が想像と思考を発揮できるよう、グレーの色調でこの作品を創作しました。これは、人々は永遠というものに憧れているにもかかわらず、現状を把握し惜しむ気持ちは少ないということを表しています。この作品は内心に存在する自我の矛盾をテーマとしています。

林靖蓉

日本東京ガラス工芸研究所研究科 卒業
日本東京工芸大学芸術学部デザイン学科学士卒業

経験
2013以降 坤水晶@誠品生活松菸店工房 駐在芸術家
2008-2013 新竹市立ガラス工芸博物館 デモンストレーションアーティスト
2007-2014 国立台北教育大学 芸術および造型設計學科 ガラス工芸講師
2004-2012 国立台湾工芸研究発展センター 鶯歌マルチメディア研究開発分館 人材育成計画 ガラス工坊講師

受賞
2016 入選、日本伊丹国際クラフト展 出展、日本
2011 「有用之物」特別賞、第7回韓国清州国際工芸ビエンナーレ-、 韓国
2011 「就是網孔」 作品入選、ドイツハノーバー Handwerksform Hannover展、ドイツ
2003 佳作、台湾金玻賞 単一媒体部門、台湾
2001 入選、日本大阪伊丹グラスクラフトトリエンナーレ 優秀作品、日本

コレクション
2010《Spark》、 新竹市玻璃工艺館博物館、台湾
2009 《Be Together》、新竹市玻璃工艺館博物館、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter