時空旋回.1/4

27F ギャラリー|総合的な媒材 16x16x8cm 2017


安定した状態を保つため、私たちは常に旋回していなければなりません。
地球は太陽の周りを旋回し、太陽は銀河系を軸に旋回することで、螺旋状の銀河系も自転しています。こうして旋回している宇宙も巨大なコマなのです。
自然界は対立と同時に相応していて、絶えず融合と分裂を繰り返し、生命の鍵を解く黄金の暗号を生み出します。陰陽、明暗、引力と斥力の間に宇宙のあらゆる物質が集まり、見事な局面を作り出します。
この度、晶英国際館は時空旋回というシリーズ作品を作り出しましたは宇宙の螺旋を象徴するのは薄胎銅片で、ハンドメイドで形作られています。無数のせん孔は製作過程の堆積です。重さを減らし、旋回を続けます。満天の星空を実現するだけではなく、生命のエネルギーへとつなげるため、私たちの原点である初心を取り戻すのです。

(媒体:銅、水晶、珊瑚、真珠、蛍石、砭石、赤石)

謝旻玲

学歴
2006 Hanau国立金工学部(Staatliche Zeichenakademie Hanau)卒業, ドイツ
2000 国立台湾芸術専科学校 彫刻学系卒業

展覧会
2016 知覚玩物 創作展覧会、香港浸会大学、香港、中国
2016 Handscape 展、Creative Lounge、日本東京渋谷
2015 「鍊金術」当代金工複合媒材創作展、Gaffa Gallery、
2014 「Scoop it」スプーン一杯の人生風景、国立台湾工芸研究発展センター
2013 「wish upon a Star」当代ジュエリー展覧会、Jewelギャラリー、東京日本

受賞
2010 入選、南瀛獎工芸類、台湾
2009 入選、ドイツ・ハノーファー 2010年 Ready for Take off 展、ドイツ
2009 第二位、Catherine-Nail-Collection GmbH 30周年< Jewels of India > コンテスト、ドイツ
2008 入選、Taiwan Collection 2008 金工作品映像創作
2006 入選、Staatliche Zeichenakademie Hanau 金工デザイン賞、ドイツ

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter