004

Room 2102|毛糸 22x27cm 2016



私は個人の経験をテーマとしています。この作品は創作者の生命の中の消し去り難い記憶の傷跡が、最終的に神様によって癒されることを象徴しています。こうした記憶に対して、異なる見方と理解があることによって、最後には生命の経験へと変わり、人生の巨大なエネルギーとなるのです。
私は毛糸を人と人との交流と関係の構築の媒質として選びました。例えば、おばあさんが孫のためにセーターを編むときや、カップルがお互いにマフラーを編んでプレゼントするとき、この毛糸は「愛」を象徴しています。さらに、毛糸の豊富な色彩は、創作者が曲折を経験した後の生命の変化過程を象徴し、また心の中で信仰を見つけた後の変化、最終的に見つけたよりどころ、信仰の温かな力で許したことを意味しています。


于珊

2017 国立彰化師範大学美術学部修士班創作組入学
1985 台湾台北に生まれる

個展
2017 「EVERYDAY ART, EVERYTHING BRIGHT!」 、勤美誠品緑園道、台中市、台湾

展覧会
2017 台湾文創芸術博覧会公式サイト、台中ソフトウェアパークDali Art芸術広場:オーラギャラリー、台中市、台湾
2016 「無秩序な外在」、オーラギャラリー、彰化市、台湾
2016 「都会磁場」、彰師白沙アートセンター、彰化市、台湾
2015 「凝視の中の副本練習」、彰師白沙アートセンター、彰化市、台湾
2015 「小道よ、連れてって!」、大美無言アートスペース、台中市、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter