無垠之境

25F ギャラリー|セラミック 27x22x28.5cm 2017


枝にとまった鳥が飛び立つ姿には滑らかな張力が含まれています。これは例えば、生活における本質的な流動であり、予測することは出来ません。私はシンプルな有機系鋳型を使用し、片足、多くの翼、片面の鳥の動きを作り出しました。これは、無限に広がる自由と制限された棲家との間における振動という不安定なイメージを表しています。思考は異国、居場所、自由な意志の矛盾と二重性などを連想させます。

創作においては、自身の生活、時代背景と文化を通した観察により、物体を彫刻した平面装置を用いて、人の記憶のイメージと夢、真実と模倣のあいまいさ、偽物のイメージと人の身体本能のイメージという映像を読み取る想像に注目・探究する…などをテーマとしています。

盧嬿宇

2007-2011 国立台南芸術大学応用芸術研究所陶瓷器組
2003-2007 国立台湾芸術大学彫刻学系
1984 台灣宜蘭に生まれる

個展
2017 生息する地、毓繡美術館,南投,台湾
2016 「虚実浮遊」盧嬿宇、許芝琦ダブル個展、臻品芸術セーター、台中、台湾
2015 「丗絵×溯相」盧嬿宇、李思樺ダブル個展、Fu-Gui Sanyi Gallery、苗栗県、台湾
2014 「幻化/陌形」、小画廊、高雄、台湾
2013 「移動風景」、金車アートスペース、台北、台湾

展覧会
2016 アートステージシンガポール、マリーナベイ・サンズ、新加坡
2015 「陶細述」陶芸三人展、雲清アートセンター、台北、台湾
2014 「探‧芸域」、臻品芸術セーター、台中、台湾
2014 「去蕪存菁」 、Fu-Gui Sanyi Gallery、苗栗県、台湾
2013 台北国際芸術博覧会,世貿一館、台北、台湾

受賞
2017 陶芸新人賞、台湾陶芸賞、台湾
2014 入選、10回日本国際陶磁器フェスティバル美濃 陶芸部門
2013 台湾青年陶芸賞、第1回台湾青年陶芸ビエンナーレ、台湾
2012 佳作、台湾工芸コンテスト 創新設計チーム、台湾
2011 優勝、第5回苗栗陶芸賞 社会チーム、台湾

コレクション
2013 「移動風景」、世界策略ベンチャーキャピタルファンド、台湾
2011 「獣II」、滋賀県立陶芸の森、滋賀、日本
2011 「時空辺縁」、苗栗県庁国際文化観光局、苗栗、台湾
2011 「組合人間」、国立台湾美術館、台中、台湾
2011 「知覚解離体験」、新北市鶯歌陶磁博物館、台北、台湾

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter