閲読図像

17-27F|ミクストメディア 150x50×15cm 2017


「遠方上下に浮き沈みする波は波という。教科書が彼女にこのような名詞を与えたから、彼女は波という。しかし、本当にそうだろうか?私には彼女の穏やかな姿は大地を覆う髪のように見える。」陶磁器を創作媒体とすることに長け、長年に渡り物体、符号、記憶と映像の構造探究に注目してきた朱芳毅は、「読図」とは映像を読み取る知性ではなく、身体を通して映像を感じる本能、映像を読み取る詩性(poeticality)と想像であると考えています。文化的制約や枠組みにとらわれず、映像の後ろに続く閲読と可能性を探求します。

昔から現在まで、人体による映像認知の経験が積み重なり、万物とのコミュニケーション媒体となってきました。この種の思考を解読した本能とは、人の心の知覚に基づく連続した認識であり、人体の深層で感じ、「生長」したものです。人体による映像の閲読と想像という能力は常に存在しています。ただ、映像が表現する形式と存在意義による制約が社会によって規定されているだけで、映像の認知範囲はますます制度化・狭窄化し、さらには映像の感動と想像する能力は失われています。作者は映像を読み取ることを通して、人々が身体の深いところにある閲読の本能を意識することを期待しています。

瀞-水面の澄み切った様子
漣-水面の波紋の様子
瀲-水が輝きながら波たつ様子。または「瀲灧」
泛-水面に浮かぶ様子
瀅-水が澄んだ様子
洄-水が渦巻く様子
瀑-水が高所から落ちる様子
泱-水が広く深い様子
濛-小雨が降る様子
沄-川の水が大波を立てる様子

朱芳毅

2005 国立台南芸術大学応用芸術研究所芸術創作修士
1999 国立台湾芸術専科学校工芸学系芸術学士

個展
2015 「閲読図像」、新北市文化局芸文センター、新北市、台灣
2014 「物件閲読」、国立台湾芸術大学、新北市、台湾
2012 「偽物-2012台北国際芸術博覧会」、世貿一館、台北、台湾
2012 「偽物」智邦芸術基金会、新竹、台湾
2010 「白色物件」、ベルギーヴィアンデン セラミック博物館、Andenne、ベルギー

展覧会
2017 「好漢玩字アートフェスティバル」、駁二芸術特区、高雄、台湾
2017 「形塑無疆-台湾現代陶芸進行式」、鶯歌陶磁博物館、新北市、台湾
2016 「在路上、2016」中国青年芸術家作品ノミネート展、関山月美術館、深圳市、中国
2016 「翻転実境」当代芸術創作展、黎画廊、台北、台湾
2015 「漾芸術博覧会」、駁二芸術特区、高雄、台湾

受賞
2015 入選、第9回韓国清州国際工芸ビエンナーレ、忠清北道、韓国
2013 入選、南島国際美術賞、高雄、台湾
2012 優秀賞、南島国際美術獎、台湾
2011 特別賞、第6回韓国世界陶磁ビエンナーレ、京畿道、韓国
2008 入選、日本国際陶磁器フェスティバル美濃、岐阜県、日本

コレクション
2016 《読図2015-1》、《読図2015- 2》、ホワイト・ラビット・ギャラリー 、シドニー、オーストラリア
2015 《飛越夢想》、文化部アートバンク、台中、台湾
2014 《偽物シリーズ-遇見假象的真実》、文化部アートバンク、台中、台湾
2013 《幻景》、文化部アートバンク、台中、台湾
2013 《視覚‧記憶》、香港政府観光局、香港、中国

Inquiry

Phone

Email

Share

Google Plus

Facebook

Twitter